6月

富山の六月の行事について色々と紹介していきます。

6月は先祖に対して敬ったりする古くからある行事が多いのが特徴です。古くからの伝統を重んじ守り抜くということは郷土愛があるということです。富山県民は昔から自県を愛する特徴があります。

住んだら都と言う言葉もありますが、富山県は全国都道府県の中でもかなり高い水準を満たしておりますので、県民も誇りをもって暮らしていると言えます。

そんな郷土愛たっぷりの県民が行う昔からの伝統行事は抑えておきましょう。

御印祭 弥栄節(やがえふ街流し)ではこの富山県の開祖と言うべき前田利長をしのんで感謝するお祭りがおこなわれます。改組をしのぶ祭りは多くの人でにぎわいます。

そして忘れてはいけないのが、富山県民からもっともお祭り気分にさせてくれる山王まつり(日枝神社大祭)が行われます。

多くの露天商で街がにぎわい!祭り自体も「山王さん」の名称で毎年期待に胸をはせております。

さらには、250年間から続いている祭りで瑞龍寺「一つやいと」というものがあります。これは当時は通行手段は足しかありませんでした。その足にお灸(やいと)をおこない無病息災を願う行事です。

6月は富山にとって先祖を祭り見守ってほしいと願う大事な行事が多いです。

★出会い系の先駆け★ ★即アポ重視の出会い★ ★圧倒的会員数★
ピュアアイ PCMAX ハッピーメール