立山連峰

富山県をイメージする際に立山連峰をあげる人が多いです。
富山県と岐阜県の県境の北ノ俣岳から始まり黒部五郎岳にいたり三俣蓮華岳で、北アルプスの主稜線と合流するのが特徴です。二つの県でそびえているのです。

日本の中に氷河現存していると言う途方もない時間を経て今に至るこの立山連峰について紹介していきます。

連峰と言うだけであって複数の山が連なっているのですが、立山連峰は飛騨山脈のうち、黒部川の西側に連なる山域の総称のことを指して言うのが一般的です。

標高3000m級の峰々が連続して見せる、北アルプスを貫く山岳は見る者を大自然のすごさを目の当たりとするでしょう。

特に剱岳は映画にも使われたこともあり、日本百名山にも選ばれており、氷河が未だに残っています。
他にも同じように立山も日本百名山に選ばれて氷河が現存しております。

この二つの山は山岳好きにとっては絶対に日本の山の中で登っておきたいほどの名山です。

日本が誇る富士山は整備などが進んでいるので初心者でも難しくはないですが、この二山は自然本来の姿が色濃く残っているのが特徴です。

大自然を多いに感じることが出来ると言えるでしょう。

大自然の温床を色濃く残っている富山県を代表するイメージと言っていいのではないでしょうか?

★出会い系の先駆け★ ★即アポ重視の出会い★ ★圧倒的会員数★
ピュアアイ PCMAX ハッピーメール